医療脱毛

医療用レーザー脱毛お考えのあなたへ

トップ画像

医療脱毛クリニックのおすすめランキング

医療レーザー脱毛と脱毛エステとの違いは?

足とジュース

 

「医療レーザー脱毛」と間違われやすいのが、エステサロンの「光脱毛」です。

 

まず、医療レーザー脱毛とは、美容外科医や皮膚科医が経営する美容クリニックのなかで扱われる脱毛であり、施術は医師及び医師の管理下にある看護師により行われます。

 

厚生労働省によると、医療脱毛とは医療機関のみが使用することが許された医療行為であり、エステで行われるようなことは本来の「脱毛」ではないとしています。

 

実質上、エステサロンで施術を行っているのは、無資格者のエステティシャンになります。

 

 

エステと比べても、世界的にかなり高い効果が保証されている医療レーザー。

 

美容クリニックの行為は厚生労働省によって認められていますので、厚生労働省による認可を得た医療機器を導入可能です。
高出力であるため、比較的短時間で施術を終えることができます。

 

一方、エステサロンでは厚生労働省の認可を必要としないため、患者さんに火傷等のリスクを負わせるケースが後を絶ちません。

 

施術スタッフは医療関係者ではないため、肌トラブルが発生した時には、医療機関で診てもらうよう指示されます。

 

脱毛や皮膚の専門家が常駐していないため、万が一トラブルが発生した時も、即座に対応できる人がいません。

 

また、高出力の機器が使用できないため、施術時間が長くなります。

 

それでも、エステサロンが人気なのは、1回当たりの施術費用が安いからです。

 

しかし、エステサロンでの施術は美容クリニックよりも長引くことが多く、トータルで見た場合、エステサロンよりも美容クリニックの施術費用のほうがはるかに経済的です。

 

 

医療レーザーは、俗に「永久脱毛」という呼び名を持っています。

 

医療レーザーが「永久脱毛」と呼ばれる理由は、レーザーで毛母細胞ごと破壊することで、その細胞から毛が永久的に生えてこないようにすることができるからです。

 

レーザーが反応するのは活動期にある毛のみであって、休止期の毛には全く反応しません。

 

ですから、全ての毛の毛母細胞を破壊するには、毛のサイクルに沿って、数ヶ月おきに施術を行う必要があります。

 

 

エステサロンで使用している脱毛器は家庭用と同レベルの精度のものであることが多く、施術時には耐えられないほどの痛みを感じます。

 

一方、美容クリニックで使用している医療機器は厚生労働省による認可が下りています。

 

痛みを感じるにしても、輪ゴムでパチンと弾く程度の痛みです。

 

これを痛いと感じるかどうかは個人の感覚によります。

 

美容クリニックでは麻酔を用意していますので、ほとんど無痛状態で施術を受けることも可能です。

 

美容クリニックには、専門的な知識を身に付けたスタッフが揃っているため、施術後のアフターフォローも徹底しています。

 

何か不安に思うことがあった時には、クリニックのスタッフによるアドバイスをしっかり聞き入れ、不安を払拭することが大切です。

 

美容クリニックの代表的なものは?

 

美容クリニックの施術内容の代表的なものと言えば「ワキ」ですが、その他にも「二の腕」「胸部」「両腕」「膝上/下」「額」「頬」「手の甲指」「足の甲指」等があります。最近人気なのがVラインやIライン等のデリケートゾーンの脱毛です。

 

これらの施術項目のうち、「ワキ」「Vライン」の医療レーザー脱毛については、別ページにて詳しく解説しています。

 

医療レーザーのメリットは、「とにかく施術が早い」ことですから、カウンセリング時間をあわせても10〜30分程度で完了するところが多いです。

 

なかには昼のランチタイム時にも施術を行っているところもありますので、お昼休みの時間を利用して施術をしに行くことも可能です。

 

ところで、「施術できない部位はない」と思わせるほど高度に発達した医療レーザー脱毛技術ですが、それでも施術不可能な部位はあります。それは一体どこなのでしょうか?

 

また、エステサロンに比べればはるかに技量の高い美容クリニックですが、施術が上手くいく確率は必ずしも100%ではありません。ごく少数ですが、医療レーザーのサービスに不満を感じている人もいます。

 

そんな人たちは医療レーザーのどのような面が気に食わないのでしょうか?

 

 

インターネットで「医療脱毛」と検索すると、何百万件もヒットします。

 

ホームページを見るとどこも魅力的なことが書かれており、正直言うと「どこを選べばよいか?」で迷ってしまいます。

 

また、クリニックによって設定価格もマチマチですので、大体の相場も目途がつきません。場合によっては、施術費用+αが発生することもあります。

 

ともなれば、必要なお金が不明確であるため、予算が立てづらくなります。

 

こちらでは、医療脱毛や料金のことをはじめ、脱毛でお困りの方々にとって有益な情報を纏めています。

 

さらに、代表的な美容クリニックとして、芸能人やモデルたちの間でも話題の「アリシアクリニック」「クレアクリニック」「渋谷美容クリニック」の大手3社の施術内容と魅力について簡潔に紹介しています。

レーザー脱毛は、初めて!痛みはどのくらい?

まぶしい

痛みはどのくらい?

 

正直言うと、医療レーザー脱毛は痛いです。

 

「痛みがない」と謳っているクリニックがありますが、あれは麻酔をすれば痛みがなくなるということであって、医療レーザー脱毛には痛みが伴います。

 

医療レーザーの痛みとして、「輪ゴムでパチンと弾く程度」と表現しているクリニックを見かけますが、実際はそれ以上の痛みを伴うと考えてよいでしょう。

 

痛みの感じ方については、導入している機種によって異なります。

 

 

そもそも、なぜ医療レーザーが痛いのかと言うと、毛を再生させるための細胞を破壊する時に痛みが生じるのだそうです。

 

「痛みが全くない」ということは、毛を再生させる細胞を破壊していないということであり、つまり脱毛効果がゼロということになります。

 

 

痛みを和らげる方法はあるの?

 

クリニック側としては、痛みを少しでも和らげるために、出来る限りの努力はしています。

 

例えば、「この部位は痛いので、ゆっくり行ってほしい」といった患者さんの要望を聞き入れながら、照射するタイミングや態勢を考えることは、痛みを軽減するのに重要な取り組みの1つです。

 

患者さんをびっくりさせると、その反動で痛みが走ることがあります。

 

そのようなことにならないよう、「ハイ、ハイ」と調子のよい声かけをします。

 

また、毛母細胞を破壊する時に生じる熱が原因で痛みが生じている可能性もありますので、照射部分を冷却シートで冷やしながら痛みを取り除いていきます。

 

それでも痛みがとれないようなら、最終手段として麻酔を使用します。

 

施術時の痛みを取り除くための麻酔には、ガスタイプの「笑気麻酔」と、クリーム状の「麻酔クリーム」の2種類があります。

 

笑気麻酔は副作用が少ないですが、体質によっては使用できない場合があります。

 

体質により笑気麻酔が使用できない場合は、麻酔クリームを照射部分に塗布します。

 

 

場所によって痛みの感じ方は違うの?

 

医療レーザーの痛みの感じ方については、部位ごとに異なります。

 

太くてしっかりとした毛が生えている部位(例えば、ヒゲやVライン)、皮膚よりも黒っぽい部位では、強い痛みを感じる傾向にあります。
逆に、比較的痛みが軽い部位は、肘下や上腕になります。また、肌が乾燥しやすい方だと、そうでない方に比べ、強い痛みを感じやすいです。

 

とは言え、痛みの感じ方には個人差がありますので一概には言えません。

 

 

脱毛時に痛みが伴うことに対し不安に感じている方は、施術前のカウンセリング時にテスト照射をしてもらうことをおすすめします。

 

施術前のカウンセリングについては、無料で行っているところがほとんどですので、気軽に問い合わせてみましょう。

 

本当に医療用脱毛は永久的なの?費用はどのくらい?

浮き輪に女の人

 

脱毛に関しては、サロンに通うよりも、電器店等で家庭用脱毛器を購入し、自宅で行うほうがはるかに経済的です。

 

しかし、サロンに通うことに関しては、費用が高い分、メリットもそれなりにあります。

 

こちらでは、高額の費用を払って脱毛を行う理由をいくつかピックアップしています。

 

 

ちゃんとした医師がいる

 

医療用脱毛とは、「使用する機器が医療用であるかどうかに関係なく、レーザー光線等を毛根の部分に照射し、毛乳頭等を刺激すること」を言います。

 

このような医療行為を医師以外の者が行うことは医師法第17条により禁じられていますので、医療用脱毛を行うサロンには医師免許を持った医師がいます。

 

そのようなサロンでは医師が施術をするのが一般的ですが、エステティシャンや看護師が医師の指示を仰ぎながら施術を行うこともあります。

 

脱毛時にはレーザーや特殊な光を使用するわけですが、場合によっては火傷やお肌のトラブルへと発展する恐れもあります。

 

万が一の事態を考えれば、医師が常駐するサロンだと安心です。

 

 

痛みがほとんどない

 

電気脱毛が主流であった頃と比べると、最新の医療レーザーはほぼ無痛です。

 

以とは言え、痛みが全くないというわけではありません。

 

痛みを感じる感覚には個人差があります。

 

よって、人によっては施術時に痛みを感じることがあります。

 

また、医療用脱毛に使用するレーザーは黒い色に反応しますので、毛が濃い人ほど痛みを感じやすいです。

 

痛みについて不安な方は、施術の前にカウンセリングを受けるとよいでしょう。

 

少しでも痛みが軽くなるよう対処してもらえます。

 

 

何度も足を運ぶ必要がない

 

医療用脱毛と聞くと、「非常に高価なもの」というイメージを持ちがちです。

 

確かに、通常のサロンに比べれば、値段はやや割高です。

 

お手軽な価格でできることが売りのサロンですが、サロンでの処理は一時的に脱毛効果を持続させるにすぎません。

 

毛には毛周期がありますので、数ヶ月後にはまた新たな毛が生えてきて、再び脱毛サロンへ足を運ばなくてはならず、その分費用も嵩みます。

 

一方、医療用脱毛では、毛が永久的に生えてこないよう、特殊な光やレーザーを当て、毛乳頭を刺激しながら施術を行います。

 

永久的に毛が生えてこないわけですから、その後何度も足を運ぶ必要はありません。

 

単体で見れば医療用脱毛は費用のかかる施術ですが、アフターケアが不要であることを考えると、お手軽価格のサロンよりも医療用脱毛のほうが経済的と言えます。

 


 
時間はどのくらい? 衛生管理、安心できる? トラブルを防ぐには? おすすめクリニック!