医療脱毛クリニック/レーザー脱毛について詳しくおしえて?

,医療用脱毛,レーザー脱毛,エステ,クリニック

医療脱毛とは、レーザーを使って成長期にある毛球部の毛母細胞を焼き殺すことで、その毛根から永久的に生えさせないようにすることです。

 

成長期にある毛球部の毛母細胞に医療用のフラッシュでダメージを与えることは医療行為であり、医師や医師の管理下にある看護師以外の者が施術を行うことは違法とされています。

 

医療脱毛の技術は理論によって裏付けされており、厚生労働省によっても認められていますので、個人差はあれど効果を実感していただくことが可能です。

 

一方、医師ではなく、無資格者のエステティシャンがサロンで行っているような脱毛は理論によって裏付けされていませんので、全く効果がないものと考えることができます。

 

医療脱毛が安心できる理由は?

 

医療脱毛を行うクリニックは一般の病院と同じ医療機関です。

 

医療機関ですから、医師免許を持った医師が勤務し、患者さん一人一人の施術に対応しています。

 

また、一般の病院と同様、麻酔を用意しており、麻酔による無痛状態での施術も可能です。

 

最新の機器を導入しているクリニックの場合、施術中や施術後に痛みを感じることはほとんどありません。

 

ところで、エステサロンが行っている脱毛に「光脱毛」がありますが、これは医療脱毛クリニックのレーザーとは全くの別物です。

 

基本的に、エステサロンで使用されている機器は医学的認可を受けていません。

 

出力が不安定になりやすいため、火傷や皮膚障害を負わせるケースが後を絶ちません。

 

一方、医療脱毛クリニックで使用されている機器は全て、高出力のものであり、厚生労働省の厳しい安全基準を満たしていますので、火傷や皮膚障害の心配いりません。

 

このように、医療脱毛クリニックでは、世界的に認可された機器を国家資格者である医師や看護師が扱うわけですから、施術費用はそれ相応の値段になります。

 

その分、広範囲にわたる脱毛も短時間で済ませることが可能です。

 

医療脱毛の施術回数はどのくらい?

 

ただ、いくら医療脱毛が医学理論によって裏付けされた方法であるとは言え、1回の施術で効果を得るには無理があります。

 

というのも、レーザーが反応するのは成長期にある毛母細胞のみんであって、休止期にある毛母細胞には反応しないからです。

 

毛の生えるサイクルを考慮すると、全ての毛が生えてこないようにするには、数ヶ月に1度のペースでクリニックに通わなければなりません。

 

完全脱毛を目指すなら、合計6回の施術を受ける必要があります。

 

一昔前の電気針脱毛には10回以上の施術が必要であり、完全脱毛に数年の年月を要していたことを考慮すれば、効果はここ数年で急激にアップしたと言えます。


 

医療脱毛クリニックのおすすめランキング

医療レーザー脱毛効果なし?値段高い?【何回で効果出る?】記事一覧

医療レーザーを用いた脱毛では、毛母細胞を1つ1つ破壊していくわけですが、毛母細胞を破壊していく時に熱が発生します。その熱で肌は乾燥状態になり、外部からの刺激に耐えられないほど弱ってしまいます。肌を良い状態にするためにも、アフターケアが必要です。医療脱毛のアフターケアの方法まず最初に、肌の熱をとり、清潔な状態にします。肌が熱い状態が続くと、抵抗力が低下します。毛穴に雑菌が侵入しやすくなり、赤みや痒み...

医療用脱毛は、医師が主導で行う脱毛です。俗に「エチケット脱毛」や「VIO脱毛」とも呼ばれており、ビキニゾーンやデリケートゾーン等も可能です。ところが、ビキニゾーンやデリケートゾーンは非常に敏感であるため、「医療脱毛の衛生管理ってどうなの?」心配に思っている人も多いことでしょう。実際、デリケートゾーンは一見無菌状態に見えても、色んな病原菌が潜んでいる可能性があります。最近では「生理時の煩わしさから解...

脱毛を行う流れについてですが、医師によるカウンセリングからレーザー照射までが施術です。カウンセリングに要する時間はおよそ30分です。この時、肌の状態やホルモンバランスをチェックしたり、サロンの施術内容に関する説明を受けたりします。尚、生理中であったり、薬を飲んでいたりすると、ホルモンバランスが乱れている可能性があるため、施術が拒否されることがあります。カウンセリングが終了したら、いよいよ施術です。...

日焼け肌は火傷の元!まず、医療用レーザーによる施術時にありがちなトラブルとして、「火傷」を挙げることができます。医療用レーザーには、「黒い部分に反応する」という性質があります。日焼けをしている肌にはメラニンが集中しているため、医療用レーザーが反応し、火傷を起こす恐れがあります。日常的に日焼け止めクリームを塗り、日焼けしないようにすることが大切です。手や足については、長袖やズボン等で光を遮るようにし...