医療用脱毛アフターケアはめんどう?

医療用脱毛,レーザー脱毛,痛み,アフターケア

医療レーザーを用いた脱毛では、毛母細胞を1つ1つ破壊していくわけですが、毛母細胞を破壊していく時に熱が発生します。

 

その熱で肌は乾燥状態になり、外部からの刺激に耐えられないほど弱ってしまいます。

 

肌を良い状態にするためにも、アフターケアが必要です。

 

医療脱毛のアフターケアの方法

 

まず最初に、肌の熱をとり、清潔な状態にします。

 

肌が熱い状態が続くと、抵抗力が低下します。

 

毛穴に雑菌が侵入しやすくなり、赤みや痒み、毛膿炎等の症状が現れます。

 

そのような副作用が出ないようにするためにも、施術が完了したら、照射部分を保冷剤で冷やします。

 

また、雑菌の繁殖を防ぐべく、1日2回(朝と晩)、施術をした部位に軟膏クリームを塗ります。

 

汗をかいているようなら、すぐに温度が低めのシャワーで洗い流して、雑菌繁殖が起こらないようにします。

 

この時、タオルやスポンジ等でゴシゴシ洗わないようにしましょう。

 

ボディソープの使用に関しては特に問題ありません。

 

激しい運動をしたり、サウナに入ったり、お酒を飲んだりといった体温上昇につながるような活動は避けたほうがよいでしょう。

 

これらの活動によって毛穴が広がり、目立ってしまいます。

 

施術後は肌が乾燥状態にありますので、肌への刺激の少ない保湿クリームや化粧水等を使った保湿も忘れないようにしましょう。

 

医療脱毛後の日焼けに注意!その理由は?

 

脱毛後のアフターケアとして、日焼けを避けることが大切です。

 

施術前の日焼けが施術に良くない影響を及ぼし得ることはよく知られていますが、施術後の日焼けもよくありません。

 

レーザーには体毛のメラニンだけでなく、肌のメラニンも破壊する作用があり、施術後に強い日光を浴びると、有害な紫外線を直に受けることになります。

 

すると、新たなしみや色素沈着が現れる可能性が高くなります。

 

よって、施術後は日焼け止めクリームをしっかり塗るなり、長袖の衣服を着るなりして、紫外線から肌を守るようにしましょう。

 

 

施術後の服装としては、ジーパン等の硬い生地のものではなく、柔らかい生地のものがおすすめです。

 

施術直後は肌の角質層が薄くなっており、ちょっとした衝撃で傷つけられやすいためです。

 

医療脱毛施術後に注意することは?

 

脱毛直後は、赤みや腫れ、痒み等の症状が現れることがあります。

 

1週間経てば、症状は自ずと鎮まります。1週間以上経っても症状が続く場合には、必ず主治医に相談にのるようにしましょう。

 

 

ワキの下の脱毛を行った場合、施術後1週間は毛穴に雑菌が侵入する恐れがありますので、制汗剤の使用を控えるようにしましょう。

 


医療脱毛クリニックのおすすめランキング