脱毛の流れ詳しく教えて?

医療用脱毛,レーザー脱毛,痛み,時間

脱毛を行う流れについてですが、医師によるカウンセリングからレーザー照射までが施術です。

 

カウンセリングに要する時間はおよそ30分です。

 

この時、肌の状態やホルモンバランスをチェックしたり、サロンの施術内容に関する説明を受けたりします。

 

尚、生理中であったり、薬を飲んでいたりすると、ホルモンバランスが乱れている可能性があるため、施術が拒否されることがあります。

 

カウンセリングが終了したら、いよいよ施術です。

 

医療レーザー脱毛施術方法!

 

レーザーを照射する前に、希望する箇所に専用ジェルを塗布します。角質が多く、皮膚が硬くなりやすい膝の部分を脱毛する場合には、ソフトピーリングで皮膚を軟化していきます。

 

脱毛部位は、「顔」「両脇」「両肘下」「両肘上」「両手の甲・指」「両膝上」「両膝下」「両足の甲・指」のなかから選びます。

 

もちろん、部位に応じて、照射時間や施術に要する時間が変動します。

 

1回のレーザー照射で照射可能な範囲は、1〜1.5センチ大の円程度です。

 

顔脱毛として、口周りやもみあげを脱毛する場合、照射時間1分、所要時間15分で完了します。

 

おでこになると、照射範囲が広いですので、施術を終えるのに30分程度かかります。

 

「両脇」「両手の甲・指」の場合、レーザーの照射時間は1分、所要時間は15分です。

 

「両肘下」「両肘上」の場合、照射範囲が広くなりますので、所要時間は10分、所要時間は20分になります。

 

一方、足のパーツについてですが、「両足の甲・指」の脱毛であれば、照射時間1分、所要時間15分と、比較的短時間で終了します。

 

足のパーツで施術が厄介なのが「両膝上」「両膝下」であり、照射時間に10分、所要時間に30分かかります。

 

最近増えているデリケートゾーンですが、VラインやIライン、Oラインであれば、照射時間1分、所要時間10〜20分で完了します。

 

医療脱毛全身では施術時間はどのくらい?

 

サロンでは、部位ごとの脱毛プランのみならず、全身脱毛プランも用意しています。

 

全身の場合、2時間かかります。

 

カウンセリングの時間も踏まえ、3時間の施術時間を想定したうえで臨むとよいでしょう。

 

もちろん、これらは1回の施術に要する時間であって、トータルの施術時間ではありません。

 

表面に出ている毛は全体の3分の1ですから、休止期にある毛も脱毛するには、最低でも6回は通わなければなりません。

 

また、剛毛体質の方は施術に時間がかかる可能性があります。

 

尚、最新のフラッシュ脱毛を採用している場合、照射時間が短縮されるため、比較的短時間で施術を終えることができます。


医療脱毛クリニックのおすすめランキング