Vライン医療用脱毛、痛みはあるの?

療用脱毛,レーザー脱毛,痛み,Vライン脱毛

最近人気のVライン(ビキニライン)医療脱毛。

 

Vラインの毛が太くしっかり生えているため、レーザーが反応しやすく、脱毛効果が非常に高いことでも知られています。

 

Vラインは下半身ですので、施術時には上半身は着衣のままで問題ありません。

 

クリニックが用意したタオルガウンを腰に巻き付けた状態で下着を脱ぎます。

 

レーザーを照射する時には、タオルを少しずつめくりながら行います。

 

Vライン脱毛は痛い?

 

Vラインの医療脱毛について最も気になるのが痛みです。

 

Vラインは体のあらゆる部位のなかで最も強い痛みを感じる部位と言われています。

 

少しでも施術時の痛みを和らげるために、2種類の麻酔(別途料金が必要)を打ったり、冷却シートで部位を冷やしながら、黒い色素に反応する時に生じる熱を下げたりします。

 

また、痛みを感じるのは、必要以上にこわばりドキドキしてしまうためでもあります。

 

テンポよい声かけにより、緊張によるストレスを軽減し、痛みを和らげます。

 

Vラインを体験したことのある人の多くは、「輪ゴムでパチンと弾いたような痛みを感じた」と口を揃えて言いますが、これを痛いと感じるかどうかは個人の感覚によります。

 

もちろん、施術内容はクリニックごとに異なるわけですが、痛みよりもレーザーを照射時の熱を強く感じる場合があります。

 

Vライン脱毛副作用は?

 

Vラインはデリケートな部位ですので、医療脱毛を終えた後に副作用が出る恐れがあります。

 

代表的な副作用として、炎症性浮腫、毛嚢炎、打ち漏れ、火傷があります。

 

Vラインは複雑な形状をしているため、体に力が入ると、打ち漏れを起こしてしまう可能性が高いです。

 

これはVラインの医療脱毛のリスクの1つと言えます。

 

体に力が入ってしまうのは、痛みに耐えようとする気持ちが強く働いてしまうためだと思われますので、そのような場合は、笑気麻酔(笑気麻酔が体質に合わない方は、麻酔クリーム)の使用を医師にお願いするようにしましょう。

 

Vライン脱毛火傷を抑えるには?

 

それから、レーザーがVラインの色素沈着に反応し、火傷を起こすことがあります。

 

火傷の被害を抑えたいなら、「ハイドロキノン」と呼ばれる美白剤を使用されることをおすすめします。

 

これは顔のしみ対策にも使用されている美白剤であり、これを使用することで、鼠径部の色素沈着をある程度改善することができます。

 

その他にも、施術後、皮膚に赤みが出ることがあります。

 

しかし、Vラインは下着で隠れる部位ですので、特に問題にする必要はないでしょう。Vラインの毛は太くしっかりしているため、脱毛後、かえって毛が増えたり、濃くなったりするリスクは極めて低いです。


医療脱毛クリニックのおすすめランキング

医療脱毛Vライン効果は?痛いって本当?【何回で薄くなる?】記事一覧

自己処理で済ませている方が多いのが、ワキの脱毛です。自分でもできる部位だからこそ、「高いお金を払ってまでなんでわざわざ医療脱毛なんかに行くの?」と疑問に思っている方も少なくないはずです。ところで、ワキの医療脱毛はどのような方に向いているのでしょうか?まず、自己処理を面倒に考えている方は、医療脱毛に切り替えることをおすすめします。医療レーザー脱毛を通じて、永久的に毛が生えてこないようにできますので、...

一昔前の脱毛エステに比べると、美容医療技術が進歩したことで、脱毛できない部位は少なくなってきていますがゼロではありません。皮膚よりも色が濃くなっている部位(例えばほくろや乳輪、しみのある部位)、日焼けで黒くなっている部位は、脱毛にふさわしくない部位と見なされています。そのような部位にはレーザーが過剰に反応するため、火傷を起こす恐れがあります。医療脱毛IラインやOラインは脱毛できる?最近人気を集めて...

エステか?クリニックか?脱毛選びの第一関門は、「エステか?それともクリニックか?」です。脱毛はエステでもクリニックでも受けられますが、受けられるサービスはそれぞれ異なります。まず、エステに関してですが、一般に施術料の安さがメリットとして認識されているようです。全身脱毛の相場は10〜15万円程度になります。一方、医師が施術を行う医療脱毛の場合、50〜80万円と高めに設定されています。その分、衛生面は...

「格安で受けられると思って通ったのに、実際は追加料金が発生して高額な料金を払わされた」というケースは残念ながら少なくありません。もちろん、施術部位や施術回数を追加した場合には、追加料金が課せられますが、それ以外のケースで追加料金が発生することはほとんどありません。施設使用料や化粧品代等を請求してくるところもありますが、なかには悪質なところもありますので注意が必要です。入会金、ジェル使用料ほとんどの...

こちらでは、医療脱毛の体験者のよくある失敗談をいくつか紹介しています。全く契約する気がなかったけど、軽い気持ちで無料体験コースに参加したところ、スタッフの強引な勧誘のあまり断り切れなくなり、契約するはめに…ある日、友達と一緒に某脱毛サロンの無料お試しコースを受けに行きました。友達のほうは契約するつもりであったようですが、私のほうはと言うと、「無料でやってくれるんなら体験してみよう」、そんな軽い気持...

医療脱毛とは、最も信頼されている方法です。原則として、医師免許を持っている人しか施術を行うことができません。医療クリニックはたくさんあり、「どこにしようか?」と迷われている方も多いことでしょう。こちらでは、芸能人やモデルさんが多く通っていることでも話題の大手3社「フェミニークリニック」「ドクター松井クリニック」「リゼクリニック」を取り上げ、施術料金を比較したいと思います。フェミークリニック脱毛実績...