ワキ医療用脱毛どんな人にむいているの?

療用脱毛,レーザー脱毛,痛み,ワキ脱毛

自己処理で済ませている方が多いのが、ワキの脱毛です。

 

自分でもできる部位だからこそ、「高いお金を払ってまでなんでわざわざ医療脱毛なんかに行くの?」と疑問に思っている方も少なくないはずです。

 

ところで、ワキの医療脱毛はどのような方に向いているのでしょうか?

 

まず、自己処理を面倒に考えている方は、医療脱毛に切り替えることをおすすめします。

 

医療レーザー脱毛を通じて、永久的に毛が生えてこないようにできますので、結果的に定期的な自己処理の手間が省けます。

 

自己処理をすると、肌にブツブツが現れます。見栄えが悪くなってしまうどころか、埋没毛をはじめ、様々なトラブルの引き金にもなりかねません。

 

医療レーザー脱毛に切り替えることで、見栄えが良くなるとともに、埋没毛の問題が解消されます。

 

自己処理による脱毛を繰り返していると、肌の黒ずみが酷くなってしまいます。

 

自己処理をやめることで、肌への過剰な負担が減り、肌の黒ずみも徐々に消えていきます。

 

ワキ医療脱毛はワキガの方にもおすすめ

 

ワキ医療脱毛はワキガでお困りの方にもおすすめです。

 

そもそも、ワキの下から強烈な悪臭が発生するのは「アポクリン汗腺」と呼ばれる皮脂腺がワキ下の毛根に存在するためです。

 

絶縁計を用いた脱毛では、毛根周辺を電気凝固し、アポクリン汗腺の一部を破壊することができます。その結果、ワキガの症状が軽くなります。

 

しかし、ほとんどのアポクリン汗腺は毛穴の奥に残った状態であり、完全にワキガが解消されるわけではありません。

 

意外なことに、ワキ医療脱毛には毛穴を引き締める効果があります。

 

また、自己処理よりも肌に与えるダメージが少ないため、敏感肌の方や肌の弱い方でも安心・安全に施術を行うことができます。

 

それはともかく、脱毛と美肌が同時に実現できてしまうとは嬉しい話ですね。

 

ワキ医療脱毛のメリットは?

 

このように、自己処理と比べた場合、ワキ医療脱毛のメリットはかなり大きいものと言えます。

 

しかし、ワキ医療脱毛を実施後に守るべき注意点があり、その注意点を忠実に守らない限り、思うような脱毛効果が得られない可能性があります。

 

施術後に気を付けなければならないこととは、「毛抜きの使用を控えること」と、「保湿をしっかり行うこと」の2点になります。

 

毛抜きで毛を無理やり引っ張り抜くことで、皮膚にダメージがもたらされるほか、埋没毛の原因を生み出してしまいます。

 

施術後は肌が乾燥状態にありますので、保湿クリーム等を使ってこまめに手入れをすることが大切です。


医療脱毛クリニックのおすすめランキング